スキンケア

【ステマ・やらせの真実】ZIGEN オールインワンフェイスジェルの口コミまとめ!

毎日のスキンケアをしていて、お肌の状態が変化したと感じた時、スキンケア商品を変えようと検討する男性も意外に多いのではないでしょうか? 今回ご紹介するZIGEN(ジゲン)は、メンズスキンケアの中では認知度が高くなってきていて、洗顔、シャンプーなど徐々にラインナップも増えてきています。 こちらの記事では、トラブルのない男性の美肌をお肌の内側からサポートしてくれる、ZIGEN オールインワンフェイスジェルの特徴や使い方、気になる口コミなど、知りたい情報を一挙にまとめてわかりやすくご紹介します。(価格は2020年7月3日時点を表記)

ZIGENの特徴

ZIGENの特徴

ZIGENのオールインワンフェイスジェルは、男性の美肌を実現するために、こだわりの開発がなされた注目度の高いオールインワンジェルです。2019年にはリニューアルも行い、セラミド配合種類を増やしたり、合成界面活性剤フリーにしたり、73種類のミネラルを配合したりと、より高品質になっています。さらに、パッケージもやや光沢がでているのもポイントです。

やらせ・ステマの見分け方

リピーターが多く、口コミの評価も高いZIGEN。 数多くの男性がZIGENに興味を惹かれているものの、話題性が高い分、ステマやらせといったネガティブな情報も気になりますよね。ZIGENが誕生してからというもの、現在までに続々と新しい口コミがUPされているので、それが正しい評価なのかどうかもしっかりと判断しておきたいもの。 ZIGENの真実の評価を知るためには、成分の評価・利用者のリアルな体験談を確認することがポイントになります。ZIGENの成分の詳細や評価の内容については、のちほど詳しくお伝えします。

ZIGENの使い方

ZIGENの贅沢な美容効果を実感するためには、毎日正しく効果的な使い方を習慣化していくことが重要なポイント。 スキンケアに慣れていない男性でも、ZIGENはすぐに慣れる簡単な使用方法も魅力のポイントです。 ここからは、ZIGENの美肌効果を最大限に引き出す正しい使い方について把握していきましょう。

step
1
手順1.100円玉程度を手に取る

100円玉程度の大きさの量を手に取り、お肌への密着・浸透力を高めるために軽く手のひらで温めます。

step
2
手順2.馴染ませる

お顔全体にZIGENを馴染ませ、マッサージするようにやさしく伸ばします。この時、フェイスラインの下から上、お顔の内側から外側に向かって伸ばすようにすると、リンパの流れに沿ったスキンケアとなり、血色の良い肌色に整えることができます。 目のまわりや小鼻、顎などの細かなパーツは、指の腹を使って丁寧に馴染ませていきましょう。

step
2
手順3.ハンドプレスをして完了

最後に、お肌と手肌が密着するように感じるまで、ハンドプレスを繰り返し、スキンケアが完了です。ZIGENの美容成分をお肌の奥深くに押し込むイメージで◎

ZIGENをおすすめする3つの理由

ZIGENをおすすめする理由

乾燥肌や敏感肌、ニキビや皮脂トラブルなど、あらゆる男性の肌質にマッチしているZIGEN。 続いては、ZIGENのおすすめポイント3つにフォーカスを当て、気になる内容をわかりやすく解説していきます。

保湿力が高い

ZIGENには、お肌への密着力・浸透力・保水力に優れた、ヒト型セラミドを5種も配合しています。 ヒト型セラミドは、乾燥した状態の角質層のスキマを、たっぷりのうるおいと栄養で満たす保湿成分で、ZIGENを使うたび、5種のヒト型セラミドのサポートによって、長時間乾燥しにくい肌質に整えてくれます。 ヒト型セラミドは、お肌に必要なうるおいや栄養を閉じ込めるはたらきがあるため、バリア機能のUPにも一役買ってくれます。 また、お肌のコンディションを健やかにキープするミネラル、コラーゲンを生成し、シワやたるみを改善・予防するアミノ酸などもプラスして配合されています。

添加物が少ない

毎日使うスキンケアアイテムは、お肌への安全性にも意識を向けておきたいもの。 男性に特化したスキンケアアイテムは、セラミドを配合するために必要な添加物、合成界面活性剤を使用することが一般的となっています。 敏感肌や乾燥肌には刺激が強い合成界面活性剤ですが、ZIGENはセラミドの良さを活かしながら、独自の技術でこの添加物を使用しない処方を実現しています。 ZIGENは添加物による刺激や負担なく、セラミドのメリットを最大限に引き出しながら、毎日の安心・安全なスキンケアをサポートしてくれます。

オールインワンなので使いやすい

慌ただしい毎日でも、化粧水~クリームまでの基本的なステップが時短で完了するZIGEN。スキンケアに慣れていない男性でも、洗顔後はZIGENひとつでスキンケアが完了するため、心の負担や手間を感じることがありません。さらに少量でも広範囲にまで伸びるテクスチャーが、男性のお肌にスピーディーにうるおいを補ってくれたり、ネックラインやデコルテなどにも惜しみなく活用できる、100gものコスパの良さが人気を集めています。

ZIGENの口コミ

ZIGENの口コミ

続いては、実際にZIGENを愛用中の方のレビュー・口コミをずらりと集めてご紹介!ZIGENが自身にベストなオールインワンジェルかしっかり見極めるため、口コミの内容をじっくりとチェックしてください。

オイリー肌にも使える

30代男性

テカリを改善したくて購入しました。最初はよくわからなかったが、次第に夕方でもテカリがないことに気づいて、嬉しかったです。かなりオイリー肌の自分でも満足できているので、ちょっと悩んでるくらいの人にはバッチリかも。

リニューアル前後

40代男性

この前リニューアルしていましたが、セラミドも増えていて、合成界面活性剤も不使用になっていて、よりバージョンアップされていますね。しかし、一番感じたのが、以前の独特の匂い?が改善されている部分です。

保湿はいいけど、綺麗好きには辛い

20代男性

保湿力は良いなぁとずっと感じていますが、同様にキャップ部分にジェルが付いてしまう仕様なのが、不衛生でイヤです。またリニューアルするなら、ここは改善してほしい。

ポイント

ZIGENの口コミ・レビューをまとめてみると、保湿力の高い点やリニューアルによる改善が評価されていますね。保湿をしっかりできることでテカリを防げるようにもなりますしね。以前は気になっていた匂いの改善もポイントです。マイナス評価はあまりなかったですが、強いて言うと、容器の性能部分に改善要望があるぐらいです。

ZIGENの買い方

ZIGENの購入を検討しているみなさんは、どこのサイトでもっともオトクに買えるのか、効果や特徴、口コミと同じくらい気になるポイントですよね。ZIGENのオールインワンフェイスジェルは、公式サイトでの購入のほか、Amazonでも購入できます。
また、公式サイトでは、定期便も購入できるので、買い忘れもなくなりますね。

ZIGEN オールインワンフェイスジェル
商品名 オールインワンフェイスジェル
価格 3,695
内容量 100g
成分
低刺激
保湿力

公式HPで詳細を見る

アマゾンで詳細を見る

ぜひ、ご自身にあった購入方法を選んでください。

ZIGENとFABIUSの比較

ZIGENと同じように、男性の愛用者が増えているFABIUSのオールインワンジェル、ナノクリア。効果や使用感など、いったいどちらが優れているのか、ZIGENとFABIUSの違いを比較表にまとめてみました。

ZIGENとFABIUS
     
ブランド名 価格 内容量 効果 肌へのやさしさ 使いやすさ
ZIGEN 3,695円(税抜) 100g ・保湿
・エイジングケア
5つの添加物フリー・無香料だが若干匂いがする
・チューブタイプで多く出てしまうこともある
FABIUS 7,000円(税抜) 50ml ・保湿
・エイジングケア
6つの添加物フリー・ポンプ式で使いやすい

以下で、より詳しくZIGENとFABIUSの違いについて紹介します。

効果

ZIGENは、セラミド5種やヒアルロン酸、コラーゲンといった美容成分を含んでいます。また、肌に潤いを与えてくれる5種類のヒト型セラミドや73種類のミネラルなども配合されており、保湿効果も期待できます。
一方のFABIUSのナノクリアは、シア脂、スクワランをはじめ、豪華な成分が豊富に配合されています。セラミドが入っていない点は残念ですが、ZIGENもFABIUSも高保湿な商品と言えるでしょう。

テカリ・べたつき

ZIGENはオイルフリーですが、やや重たい使用感のため、少しベタつきが気になりますね。また、FABIUSはオイル成分も豊富でZIGENよりややベタつくかもしれません。

肌への優しさ

ZIGENもFABIUSともに添加物を抑えているため、肌への刺激は少なくなっています。ただし、無配合の添加物の数と種類に違いがある点には注意が必要です。

ZIGENは、「5つのフリー」として以下の添加物を配合していません。

無添加

・合成界面活性剤・オイル・アルコール・パラベン・香料

一方のFABIUSは、「6つの無添加」として以下の添加物を配合していません。

無添加

・着色料・鉱物油・界面活性剤・アルコール・パラベン・香料

添加物の少なさだけで良し悪しを判断することはできませんが、参考にしてみてください。

使いやすさ

ZIGENはチューブタイプ、FABIUSはポンプタイプと容器に違いが見られます。ポンプタイプは、1プッシュで出てくる量が一定なので、出しすぎる心配がありません。プッシュの回数を決めておけばいつも同じ量が使えます。
一方のチューブタイプは容器を押す力によって出る量が変わるため、出過ぎてしまう可能性があります。そういった意味ではFABIUSの方が使いやすいかもしれません。

コスパ

成分や使いやすさなどをみると、ややFABIUSの方が優勢のように思えてしまいますが、それでも見過ごせないのが、価格面です。ZIGENは100gで3,990円(税込)です。しかし、FABIUSは50mlで7,560円(税込)です。容量が半分で価格は約2倍。どちらも高品質であることを踏まえると、ZIGENの方が間違いなく、おすすめです。

まとめ

人気男性誌の美容特集にも何度も掲載されていたり、こだわりの美容成分を贅沢に使い、安心・安全な処方をしているZIGEN。お手軽に高品質のオールインワンジェルを使いたい方は、試してみてはいかがでしょうか?

公式HPで詳細を見る

アマゾンで詳細を見る

筆者紹介:調査オタク

職業・趣味・特技:悉皆調査、特にネット調査好き!また、健康資格マニア!(金融関係の資格も・・)化粧品、メイクアップ、健康食品、スカルプケアなどの資格が豊富!わかりにくいことをわかりやすく説明することを心掛けてます。

-スキンケア

© 2021 専門家による生活用品・雑貨の比較・解説ブログ Powered by AFFINGER5